ハーブティーの飲み方と注意点

スポンサードリンク

ハーブティーの飲み方と注意点について

ハーブティーの飲み方ですが、あなたはどのように飲んでいますか?

 

ハーブティーは、人間の五感のうち「味覚・視覚・嗅覚」の3つを刺激して
くれます。

 

そして、メンタルとフィジカル双方のバランスを均衡に保ってくれる、とても
優れた飲み物です。

 

ハーブティーは、活用の仕方によって、効果がまったく変わってきます。

 

ここでは、そんなハーブティーの飲み方や、飲む上での注意点をご紹介
します。

ハーブティーの飲み方と注意点〜飲むペース〜

ハーブティーの飲み方と注意点についてご説明します。

 

初めてハーブティーを飲む方は、まず「飲むペース」や「ハーブの種類」に
気を付けましょう。

 

まず、飲むペースですが、ハーブティーは1日の摂取量が明確に決まって
はいませんが、だいたい、1日に3〜4杯を目安に飲むと良いでしょう。

 

そうすることで、ハーブの薬理作用を得やすくなると言われています。

 

また、ハーブが持つ効果・効能によって飲むペースやタイミングを選ぶこと
も大切です。

 

たとえば、整腸作用を持つ「シングルハーブティー」の場合、食前に飲めば
消化・吸収を促進させ、便秘解消に役立ちます。

ハーブティーの飲み方と注意点〜ハーブの種類〜

ハーブの種類についてですが、実はハーブティーはアロマテラピー同様
一部の方々の飲用には適しません。

 

たとえば、妊娠中や授乳中、乳幼児、高齢者、持病をお持ちの方など
です。

 

もちろん、全てのハーブティーが飲用不可ではありませんけどね。

 

ですので、上記のようなことに心当たりのある方は、医師に相談してから
ハーブティーを飲むようにしてください。

 

また、ハーブティーの効果や効能は徐々に現れるものですので、最低でも
3ヶ月以上続けることが、基本とお考えください。

 

一定期間飲み続けたら1度休止したり、複数のハーブティーを試すことも
おススメの飲み方です。

 

1番目に飲んだハーブの種類を「1」、2番目を「2」、3番目を「3」とするなら、
「1⇒2⇒3」や「2⇒1⇒3」など、ローテーションを組んで飲み続けることで
さらに効果が期待できます。

スポンサードリンク

関連ページ

歴史・起源
ハーブティーには、どんな歴史や起源があるのでしょうか?実は、ハーブティーという飲み物の歴史は驚くほど古いのです。ここではそんなハーブティーの歴史や起源についてご説明します。
2つの効果
ハーブティーには大きく分けて「薬理効果」「アロマテラピー効果」の2つの効果があると言われています。ここではそんなハーブティーの2つの効果について詳しくご説明します。
栄養成分
ハーブティーには、ビタミンやミネラル、食物繊維など、さまざまな栄養成分があります。ここではそんなハーブティーの栄養成分について詳しくご説明します。
カロリー
ハーブティーには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?美と健康意識の高い女性にとっては、非常に気になるところですよね。ここではそんなハーブティーのカロリーについてご説明します。
選び方
ハーブティーの選び方は、どのような点を意識すれば良いのでしょうか?ここでは、ハーブティーの選び方についてご説明します。
青色
青色のハーブティーがあることをご存知でしょうか?ここでは、青色のハーブティーの種類や選び方、飲み方などについてご説明します。
赤色
赤色のハーブティーがあることをご存知でしょうか?ここでは、赤色のハーブティーの種類や選び方、飲み方などについてご説明します。
甘い
ハーブティーに甘い味がするものがあることをご存知でしょうか?ここでは甘いハーブティーの種類や選び方、飲み方などについてご説明します。
酸味
ハーブティーに酸味が強いものがあることをご存知でしょうか?ここでは酸味の強いハーブティーの種類や選び方、飲み方などについてご説明します。
食べる
ハーブティーを食べると言ったら驚く方がいるかも知れませんね。ここでは、ハーブティーを食べることについて、また効果的な食べ方についてご説明します。