ハーブティーの茶器

スポンサードリンク

ハーブティーの茶器について

ハーブティーをおいしく入れるために必要な茶器といえば、ティーポット
ティーカップなどが挙げられますね。

 

また、外出先でも入れたてのハーブティーを飲みたい方は、タンブラー
が必要です。

 

余談ですが、ハーブティーのために栽培した生ハーブが余って、料理に
使いたいなら、ハーブ・ミルもあると良いでしょう。

 

ここでは、そんなハーブティーを入れるためのティーポットやティーカップ等
の茶器についてご説明します。

ハーブティーに必要な茶器〜ティーポット〜

ハーブティーを入れるための茶器「ティーポット」は、様々なメーカーから
販売されています。

 

でも、初心者の方にとっては、どれが一番良いのか悩みどころですよね。

 

ティーポットは、ハーブティーを2人以上で楽しむ際に必要なものです。

 

なので、家族で自分しか飲まないという場合は、無理に買う必要は
ありません。

 

家族や恋人、友人とハーブティーを楽しむ場合は、ガラス製のティー
ポットがオススメです。

 

なぜなら、ハーブの葉が広がって行く様子、ほんのりと色付いて行く様子を
目で確認しながら楽しめるからです。

 

中には、ティーポットの中に茶漉しが付属されているものがあります。

 

ただし、ハーブの変化を楽しみたい方は、茶漉し付きでない、注ぎ口が
広いものを購入しましょう。

 

茶漉しは別途、目の細かいものを購入しておくと良いでしょう。

 

ハーブティーを入れるのに必要な茶器〜ティーカップ〜

 

ティーカップも、様々なメーカーから販売されています。

 

初心者にも中級者にもおススメのタイプは「ガラス製」、もしくは、純白の
「陶磁器」になります。

 

また、1人でハーブティーを楽しみたい場合、茶漉しがセットになったティー
カップを1基用意しておくと便利です。

 

ハーブティーのカップは、紅茶と同じく「縁の部分」が、水平に近い角度と
なっています。

 

購入する際は、取っ手の高さが、カップの縁と同じものを選びましょう。

ハーブティーに必要な茶器〜タンブラー、ミル等

外出先にも、ハーブティーを持参したい方もいらっしゃるかと思います。

 

そんな時には、タンブラーを活用するのがオススメです。

 

タンブラーも様々なメーカーから販売されていますので、どれが良いか
悩みますよね?

 

そんな方にオススメしたいのが、H&F BELXの「ガラスタンブラー」です。

 

H&F BELXのガラスタンブラーは、大小2つのサイズが販売されています。

 

ガラス製ですので、傷が付きにくいのが特徴です。

 

また、長期間使用しても菌類が繁殖せず、常に衛生的に使用し続ける
ことができます。

 

このタンブラーの魅力は素材だけではありません。

 

底の部分に、茶葉を入れる「濾し器」が付いています。

 

なので、お湯と茶葉さえあればいつでも入れたてハーブティーが楽しめるの
です。

 

ハーブティーを愉しむために、タンブラーはとってもオススメですよ。

スポンサードリンク

関連ページ

フレッシュハーブ
ハーブティーには、大きく分けてフレッシュハーブとドライハーブがあります。面倒な方にはティーバックという方法もあります。ここではフレッシュハーブティーのおいしい入れ方についてご説明します。
ドライハーブ・ティーバック
ハーブティーには、大きく分けてフレッシュハーブとドライハーブがあります。面倒な方にはティーバックという方法もあります。ここではドライハーブティーとティーバックのおいしい入れ方についてご説明します。
水出し
ハーブティーは通常お湯で入れますが、水出しで入れたものもあります。ここでは水出しハーブティーの入れ方のコツや注意点についてご説明します。