マロウというハーブティーの種類について

スポンサードリンク

マロウというハーブティーの特徴

マロウは、世界一美しい水色(すいしょく)を持つと言われるハーブティー
です。

 

マロウとは、アオイ科ゼニアオイ属に属する多年草で、日本では「薄紅葵
(ウスベニアオイ)」という名で親しまれています。

 

ハーブティーのお店では、ドライハーブにしてブルーマロウや、マロウブルー
という名で販売されています。

 

マロウは、名前にもある通り澄み渡る青空のように美しい青色のハーブ
ティーです。

 

そこへレモン果汁を加えたり、時間が経つことで徐々にピンク色へと変化
するという、まるで魔法のようなハーブティーです。

 

水色がパッと華やかになることから「夜明けのハーブティー」とも呼ばれて
います。

 

さて、そんな摩訶不思議なハーブティー「マロウ」ですが、どんな味や香り
どんな効果・効能があるのか気になりますね。

 

そこで、今回はマロウというハーブティーの味や香りの特徴、効果・効能
についてご説明します。

ハーブティーの種類「マロウ」の味と香り

マロウは、ブルーから徐々に華やかなピンクへと水色を変化させる珍しい
ハーブティーです。

 

そのため、ゲストをお迎えするサプライズティーとして人気が高いです。

 

ちなみに、フランスでは「夜明けのディザーヌ」と呼ばれ、国民からとても
愛されています。

 

ところでなぜ、マロウは水色がブルーからピンクへと変化するのでしょう?

 

その理由は、マロウに含まれる「アントシアニジン」という色素成分による
ものです。

 

アントシアニジンは、レモンなどの酸を加えるとピンク色へ、中性になると
紫色へと、pHによって分子構造が変化して水色変化が生じます。

 

マロウのハーブティーは、微かに優しい花の香りを感じることができますが、
ほぼ無味無臭といっても良いでしょう。

 

マロウは、昔から味や香りを愉しむハーブティーではなく、水色の変化を
楽しむお茶です。

 

そのため、ホームパーティーなどのウェルカムドリンクとして用いられることが
多いようです。

 

マロウをおいしく飲みたいという方は、レモンバーベナーやレモングラスなど
をブレンドしたり、はちみつを加えて甘みをプラスして嗜むのがオススメです。

ハーブティーの種類「マロウ」効果・効能

マロウは、ヨーロッパ南部を原産とする植物ですが、現在は世界各地で
栽培が行われています。

 

マロウにもミントやハイビスカスのように様々な品種があります。

 

ハーブティーとして用いられるのは「コモンマロウ」という品種です。

 

マロウのハーブティーは、コモンマロウの開花直後に花を摘み取り、乾燥
させてドライハーブにします。

 

古代ギリシアやローマでは、サラダやスープの材料として日常的に食べて
いたと言われており、庭先には必ずマロウが植えられていたそうです。

 

では、マロウの効果や効能をご紹介します。

 

【喫煙などによる喉のイガイガ】

 

マロウには粘膜質の成分が含まれています。

 

そのため、喉や胃、腸など体のあらゆる粘膜を保護する効果があります。

 

胃や腸といった消化器系や、喉や気管支などの炎症を緩和させる働き
があります。

 

マロウは、喫煙によってダメージを負った粘膜を保護する働きがあります。

 

そのため、特に、長年喫煙をされている方々にはおすすめのハーブティー
です。

 

煙草の吸い過ぎによる咳、風邪をひいて喉がイガイガしたり、痰が絡む
時は、マロウを飲んで落ち着かせると良いでしょう。

 

【ニキビや肌荒れなどの肌トラブル改善】

 

粘膜を保護することができるマロウには、ニキビや肌荒れを改善させる
効能も備わっています。

 

空気が乾燥する季節には粘膜の保護と美容効果に優れたマロウは
オススメです。

 

【眼精疲労回復】

 

マロウには、アントシアニン系の色素成分が含まれますので、眼精疲労
の回復に効果があります。

 

長時間パソコンやスマートフォンなどを見たり、読書をするのが楽しみな
方は目のケアにマロウをオススメします。

 

【下痢や便秘の改善】

 

マロウには胃や腸の粘膜を保護、修復する成分が含まれているため、
胃炎や腸炎だけではなく、下痢で悩んでいる方にもオススメです。

 

また、マロウには便をコーティングする効果が備わっています。

 

腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にするローズマリーや食物繊維が豊富
に含まれるローズヒップと一緒に飲めばツラい便秘を改善できます。

スポンサードリンク

関連ページ

カモミール
カモミールのハーブティーには、実に様々な効果効能、味・香りがあります。ここでは、ハーブティーの種類の一つカモミールの特徴についてご説明します。
クローブ
クローブのハーブティーには、実に様々な効果効能、味・香りがあります。ここでは、ハーブティーの種類の一つクローブの特徴についてご説明します。
トゥルシー
トゥルシーのハーブティーには、実に様々な効果効能、味・香りがあります。ここでは、ハーブティーの種類の一つトゥルシーの特徴についてご説明します。
ステビア
ステビアのハーブティーには、実に様々な効果効能、味・香りがあります。ここでは、ハーブティーの種類の一つステビアの特徴についてご説明します。
セージ
セージのハーブティーには、実に様々な効果効能、味・香りがあります。ここでは、ハーブティーの種類の一つセージの特徴についてご説明します。
タイム
タイムのハーブティーには、実に様々な効果効能、味・香りがあります。ここでは、ハーブティーの種類の一つタイムの特徴についてご説明します。
チェストツリー
チェストツリーのハーブティーには、実に様々な効果効能、味・香りがあります。ここでは、ハーブティーの種類の一つチェストツリーの特徴についてご説明します。
エキナセア
エキナセアのハーブティーには、実に様々な効果効能、味・香りがあります。ここでは、ハーブティーの種類の一つエキナセアの特徴についてご説明します。
エルダーフラワー
エルダーフラワーのハーブティーには、実に様々な効果効能、味・香りがあります。ここでは、ハーブティーの種類の一つエルダーフラワーの特徴についてご説明します。
ネトル
ネトルのハーブティーには、実に様々な効果効能、味・香りがあります。ここでは、ハーブティーの種類の一つネトルの特徴についてご説明します。
ハイビスカス
ハイビスカスのハーブティーには、実に様々な効果効能、味・香りがあります。ここでは、ハーブティーの種類の一つハイビスカスの特徴についてご説明します。
ヒース
ヒースのハーブティーには、実に様々な効果効能、味・香りがあります。ここでは、ハーブティーの種類の一つヒースの特徴についてご説明します。
フェンネル
フェンネルのハーブティーには、実に様々な効果効能、味・香りがあります。ここでは、ハーブティーの種類の一つフェンネルの特徴についてご説明します。
ヘザー
ヘザーのハーブティーには、実に様々な効果効能、味・香りがあります。ここでは、ハーブティーの種類の一つヘザーの特徴についてご説明します。
ホップ
ホップのハーブティーには、実に様々な効果効能、味・香りがあります。ここでは、ハーブティーの種類の一つホップの特徴についてご説明します。
マリーゴールド
マリーゴールドのハーブティーには、実に様々な効果効能、味・香りがあります。ここでは、ハーブティーの種類の一つマリーゴールドの特徴についてご説明します。
マルベリー
マルベリーのハーブティーには、実に様々な効果効能、味・香りがあります。ここでは、ハーブティーの種類の一つマルベリーの特徴についてご説明します。
ミント
ミントのハーブティーには、実に様々な効果効能、味・香りがあります。ここでは、ハーブティーの種類の一つミントの特徴についてご説明します。
レモンバーム
レモンバームのハーブティーには、実に様々な効果効能、味・香りがあります。ここでは、ハーブティーの種類の一つレモンバームの特徴についてご説明します。
レモングラス
レモングラスのハーブティーには、実に様々な効果効能、味・香りがあります。ここでは、ハーブティーの種類の一つレモングラスの特徴についてご説明します。
モリンガ
モリンガのハーブティーには、実に様々な効果効能、味・香りがあります。ここでは、ハーブティーの種類の一つモリンガの特徴についてご説明します。
ラベンダー
ラベンダーのハーブティーには、実に様々な効果効能、味・香りがあります。ここでは、ハーブティーの種類の一つラベンダーの特徴についてご説明します。
ユーカリ
ユーカリのハーブティーには、実に様々な効果効能、味・香りがあります。ここでは、ハーブティーの種類の一つユーカリの特徴についてご説明します。
ヤロウ
ヤロウのハーブティーには、実に様々な効果効能、味・香りがあります。ここでは、ハーブティーの種類の一つヤロウの特徴についてご説明します。
ラズベリーリーフ
ラズベリーリーフのハーブティーには、実に様々な効果効能、味・香りがあります。ここでは、ハーブティーの種類の一つラズベリーリーフの特徴についてご説明します。