ハーブティーのおいしい入れ方(フレッシュハーブ)

スポンサードリンク

ハーブティーのおいしい入れ方のコツについて

これからハーブティーを始められる方は、ハーブティーのおいしい入れ方
について、悩まれるかも知れませんね。

 

ハーブティーには、大きく分けて「フレッシュハーブ」「ドライハーブ」
2種類があります。

 

さらに、いつでもどこでも気軽に楽しめる「ティーバッグタイプ」も販売されて
います。

 

  • フレッシュハーブ
  • ドライハーブ
  • ティーバッグ

 

この3タイプの入れ方が分かれば、まずは完璧ですね。

 

ここでは、そんなハーブティーの入れ方のコツを一つ一つご紹介します。

ハーブティーの入れ方とコツ〜フレッシュハーブの場合

では、まずフレッシュハーブティーの入れ方からご説明しましょう。

 

フレッシュハーブとは、生の状態の新鮮なハーブのことです。

 

フレッシュハーブを使用したハーブティーは、透明感が高く、独特な風味
を持つお茶となります。

 

では、フレッシュハーブティーの入れ方を流れでご紹介します。

 

【手順1】
フレッシュハーブをドライハーブの3倍ほど用意します。

 

※これはハーブの香りの強弱によって異なりますが、10cmほどの枝1〜2本
1人分とします。

 

ティースプーンにたとえると、山盛り3杯分ほどになります。

 

【手順2】
フレッシュハーブをしっかり洗浄し、水気を切っておきます。

 

※ハーブの茎が固いものは葉のみ使用し、柔らかいものは丸ごと使用します。

 

【手順3】
ティーポットとティーカップにお湯を注ぎ、温まったらお湯を捨てます。

 

【手順4】
フレッシュハーブを掌に乗せ、パンっと軽く叩いたらポットの中へ入れます。

 

【手順5】
沸かしたお湯を静かにティーポットへ注ぎます。

 

【手順6】
蓋をして3分から5分ほど蒸らします。

 

【手順7】
ティーカップへ注ぐ際は、2回から3回ほど水平に回しましょう。

 

もしくは、蓋を開けてスプーンでゆっくりと軽く撹拌させてから、目の細かい
濾し器を使って静かに注ぎましょう。

フレッシュハーブをおいしく入れるコツとは?

フレッシュハーブをおいしく入れるコツは、以下の通りです。

 

  1. フレッシュハーブを細かくし過ぎないこと。
  2. ドライハーブよりも必ず多めにハーブを使うこと。
  3. お湯をティーポットに注いだらすぐに蓋をすること。
  4. お湯の温度は98度以上であること。

 

フレッシュハーブは、細かくするとハーブの強い香りが強調され、ちょっと
飲みにくくなります。

 

なので、なるべく細かくせずに、入れることをおススメします。

 

また、お湯を注いだら、蓋はすぐに閉じましょう。

 

その理由は、揮発性のハーブの芳香成分を外に漏らさないようにする
ためと、温度を維持するためです。

 

とても重要なポイントですので、忘れないようにしてくださいね。

スポンサードリンク

関連ページ

ドライハーブ・ティーバック
ハーブティーには、大きく分けてフレッシュハーブとドライハーブがあります。面倒な方にはティーバックという方法もあります。ここではドライハーブティーとティーバックのおいしい入れ方についてご説明します。
水出し
ハーブティーは通常お湯で入れますが、水出しで入れたものもあります。ここでは水出しハーブティーの入れ方のコツや注意点についてご説明します。
茶器
ハーブティーをおいしく飲むために茶器を活用する事をおススメします。ハーブティーに必要な茶器といえば、ティーポットやティーカップなどですね。ここではハーブティーの茶器についてご説明します。