ハーブティーの栄養成分

スポンサードリンク

ハーブティーの気になる栄養成分とは?

ハーブティーには薬理効果とアロマテラピー効果があることは、前述しました。

 

つまり、1杯で2つの効果や効能を得ることができる優れた「健康ドリンク」
が、ハーブティーということです。

 

そころで、そんなハーブティーの栄養成分って、けっこう気になるところだと
思います。

 

そこで、今回はハーブティーに一体どんな栄養成分が含まれているのか?
について、ご説明します。

ハーブティーの栄養成分「ビタミン・ミネラル・食物繊維」について

ハーブティーには、ローズヒップティーハイビスカスティーなど、ビタミンCや
ビタミンEなどの「ビタミン類」をたっぷり含んでいるものがあります。

 

また、ミネラル類を豊富に含むものとしては、ラズベリーリーフティーや、
ルイボスティー等が、挙げられます。

 

また、「マテ茶」や「ギムネマ茶」などには、水溶性の食物繊維がたくさん
含まれています。

 

他にも、渋み成分のタンニンを豊富に含むハーブティー。

 

水分を吸収すると膨張する粘性質、黄色の配糖体アントラキノン。

 

黄色やオレンジ色の色素成分「フラボノイド」などを多く含むハーブティー
もあります。

 

ご自身が改善したい症状によって、ハーブティーを選ぶことが大切です。

ハーブティーの栄養成分「カフェイン」について

紅茶や緑茶など「お茶」と呼ばれる飲み物には、大抵カフェインが含まれ
ています。

 

では、ハーブティーにもカフェインが含まれているのでしょうか?

 

結論から言えば、ハーブティーには基本的にカフェインは、含まれており
ません。

 

ですので、100mlでも150mlでも、カフェイン含有量は「0」ということになり
ます。

 

ただし、ハーブティーの中には、「マテ茶」のようにカフェインを含むものも
いくつか存在します。

 

ですから、必ずしも全てのハーブティーが「ノンカフェイン」ではないという
ことを覚えておいてください。

スポンサードリンク

関連ページ

歴史・起源
ハーブティーには、どんな歴史や起源があるのでしょうか?実は、ハーブティーという飲み物の歴史は驚くほど古いのです。ここではそんなハーブティーの歴史や起源についてご説明します。
飲み方と注意点
ハーブティーには、どんなハーブティーの飲み方や注意点があるのでしょうか?ここではそんなハーブティー飲み方や、飲む上での注意点等についてご説明します。
2つの効果
ハーブティーには大きく分けて「薬理効果」「アロマテラピー効果」の2つの効果があると言われています。ここではそんなハーブティーの2つの効果について詳しくご説明します。
カロリー
ハーブティーには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?美と健康意識の高い女性にとっては、非常に気になるところですよね。ここではそんなハーブティーのカロリーについてご説明します。
選び方
ハーブティーの選び方は、どのような点を意識すれば良いのでしょうか?ここでは、ハーブティーの選び方についてご説明します。
青色
青色のハーブティーがあることをご存知でしょうか?ここでは、青色のハーブティーの種類や選び方、飲み方などについてご説明します。
赤色
赤色のハーブティーがあることをご存知でしょうか?ここでは、赤色のハーブティーの種類や選び方、飲み方などについてご説明します。
甘い
ハーブティーに甘い味がするものがあることをご存知でしょうか?ここでは甘いハーブティーの種類や選び方、飲み方などについてご説明します。
酸味
ハーブティーに酸味が強いものがあることをご存知でしょうか?ここでは酸味の強いハーブティーの種類や選び方、飲み方などについてご説明します。
食べる
ハーブティーを食べると言ったら驚く方がいるかも知れませんね。ここでは、ハーブティーを食べることについて、また効果的な食べ方についてご説明します。