ハーブティーのおいしい入れ方(ドライハーブ、ティーバック)

スポンサードリンク

ドライハーブティーのおいしい入れ方のコツについて

ドライハーブとは、フレッシュハーブの反対で、フレッシュハーブをしっかり
乾燥させて、紅茶や日本茶のように「茶葉」にしたものです。

 

ドライハーブは水色(すいしょく)が濃く、ハーブの香りが豊かに薫るのが
特徴です。

 

フレッシュハーブのような青臭さがないので、初めてハーブティーを飲む方
は、ドライハーブで入れると飲みやすいと思います。

 

では、ドライハーブを使ったハーブティーの入れ方とコツをご紹介します。

ハーブティーの入れ方とコツ〜フレッシュハーブの場合

では、ドライハーブティーの入れ方の流れをご説明しましょう。

 

【手順1】
ティーポットとティーカップにお湯を注ぎ、温まったらお湯を捨てて空っぽに
します。

 

【手順2】
温めたティーポットへ、ドライハーブをティースプーン山盛り1杯入れます。

 

このとき、指でドライハーブを軽く砕いておくと、風味が良くなります。

 

※ティースプーン1杯で1人分になります。

 

※マリーゴールドなどの重さの軽いハーブを使う場合、若干多めに使用
すると、おいしく入れることができます。

 

※ジュニパーベリーのような実や殻の付いたドライハーブは、1度スプーン
の背で押しつぶしてからティーポットへ入れましょう。

 

【手順3】
沸騰したお湯を、静かにティーポットへ注ぎます。

 

【手順4】
速やかにティーポットの蓋をし、3〜5分ほど蒸らします。

 

※蒸らし時間はハーブの種類によって異なります。

 

【手順5】
ティーポットの蓋を開け、スプーンなどを使って、ゆっくり軽めに撹拌し、
濃度を均一にします。

 

【手順6】
目の細かい茶漉しを使って、ティーカップに静かにゆっくりと注ぎます。

 

ドライハーブのおいしい入れ方コツは、ほとんどフレッシュハーブと同じです。

 

健康や美容効果を得たい場合は、180〜200ccを1日3杯飲むと良いと
言われています。

 

たくさん飲んでもそれ以上身体は吸収してくれませんのでご注意ください。

ティーバックによる、ハーブティーの入れ方とコツ

ハーブティーをもっとお手軽に入れたいという方は、大勢いらっしゃること
でしょう。

 

また、ハーブティーにハマってくると、ティーバッグを持ち歩き、旅行先や
出張先でも飲みたいという方も多いかと思います。

 

それでは、ティーバッグタイプのハーブティーの入れ方の流れを簡単に
ご紹介します。

 

【手順1】
ティーカップにお湯を注ぎ、温めておきます。

 

【手順2】
お湯を捨て、ティーバッグを入れます。

 

【手順3】
熱湯を150ccほど用意し、ティーカップに静かに注いでゆきます。

 

【手順4】
ソーサーをカップの上に被せ、3〜5分ほど蒸らします。

 

【手順5】
ティーバッグを取り出したら完成です。

 

※ご紹介したのはごく一般的な入れ方ですが、各メーカーによって多少異なる
ことがあります。

スポンサードリンク

関連ページ

フレッシュハーブ
ハーブティーには、大きく分けてフレッシュハーブとドライハーブがあります。面倒な方にはティーバックという方法もあります。ここではフレッシュハーブティーのおいしい入れ方についてご説明します。
水出し
ハーブティーは通常お湯で入れますが、水出しで入れたものもあります。ここでは水出しハーブティーの入れ方のコツや注意点についてご説明します。
茶器
ハーブティーをおいしく飲むために茶器を活用する事をおススメします。ハーブティーに必要な茶器といえば、ティーポットやティーカップなどですね。ここではハーブティーの茶器についてご説明します。