ハーブティーを食べるってどういうこと?

スポンサードリンク

ハーブティーを食べるって、どういうことなの?

ハーブティーを食べると聞くと、え!飲むものじゃないの?と驚く方もいることでしょう。

 

もちろん、これはハーブティーそのものの話ではなくて、「出がらし」のことです。

 

ハーブをハーブティーで飲むだけでは、その栄養素を全て吸収することはできず、出がらしに栄養や成分が半分近く残ったままです。

 

ですから、ハーブティーの出がらしには栄養がたくさん含まれていて、それを食べることでさらにハーブティーの効果を高めようというわけです。

 

ここでは、ハーブティーの出がらしを食べることについてご説明します。

ハーブティーで食べるのに適しているのは、どれ?

ハーブティーの中で、出がらしを食べるのに適しているのはどれでしょうか?

 

出がらしを食べて栄養素をくまなく取り入れることができるハーブには、ローズヒップ、ハイビスカス、オレンジピールやアップルピース、マリーゴールドなどがあります。

 

また、スパイスとして食用にされているハーブもあり、その場合は栄養素を100%身体に取り込むことができます。

 

スパイスとして使われるものにはセージやスペアミント、レモングラスなど比較的沢山あります。

 

しかし、逆に、食べることはせずに、ハーブティーとして味わうだけに留めておくべきハーブもあります。

 

過剰摂取することで中毒症状を起こしたり、アレルギー症状を引き起こしてしまうからです。

 

ペニーロイヤルミントや、ギンコウ(イチョウ)などがそれに当たります。

 

人によりアレルギー反応を起こすハーブは違いますから、飲む前、食べる前にかならず確認しましょう。

ハーブティーの出がらしを食べる〜オススメの食べ方は?〜

ハーブティーの出がらしを食べるのに、おススメの方法をお伝えします。

 

まず、ローズヒップティー、ハイビスカスティーの出がらしは、はちみつと混ぜて食べたり、ヨーグルトやパンにのせて食べるのがオススメです。

 

オレンジピールやアップルピースなど果実の皮を使ったハーブティーは、砂糖、レモン汁を加えてジャムにして食べるのがオススメです。

 

また、パウンドケーキやホットケーキ、クッキーなどのお菓子に加えても見た目も華やかになり楽しく食べることができます。

 

料理のスパイスとして利用されるハーブには、肉料理、魚料理の臭い消しとして利用されるクローブやレモングラスがあります。

 

また、セージは主に肉料理に使われ、ソーセージを作る際の定番スパイスです。

 

スペアミントはアイスクリームやお菓子に添えられることもありますし、ベトナム料理によく使われます。

 

ハーブティーは飲むだけではなく、出がらしを食べることや、スパイスとして料理に活用して、楽しく美味しく栄養素を取り入れることができるといいですね。

スポンサードリンク

関連ページ

歴史・起源
ハーブティーには、どんな歴史や起源があるのでしょうか?実は、ハーブティーという飲み物の歴史は驚くほど古いのです。ここではそんなハーブティーの歴史や起源についてご説明します。
飲み方と注意点
ハーブティーには、どんなハーブティーの飲み方や注意点があるのでしょうか?ここではそんなハーブティー飲み方や、飲む上での注意点等についてご説明します。
2つの効果
ハーブティーには大きく分けて「薬理効果」「アロマテラピー効果」の2つの効果があると言われています。ここではそんなハーブティーの2つの効果について詳しくご説明します。
栄養成分
ハーブティーには、ビタミンやミネラル、食物繊維など、さまざまな栄養成分があります。ここではそんなハーブティーの栄養成分について詳しくご説明します。
カロリー
ハーブティーには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?美と健康意識の高い女性にとっては、非常に気になるところですよね。ここではそんなハーブティーのカロリーについてご説明します。
選び方
ハーブティーの選び方は、どのような点を意識すれば良いのでしょうか?ここでは、ハーブティーの選び方についてご説明します。
青色
青色のハーブティーがあることをご存知でしょうか?ここでは、青色のハーブティーの種類や選び方、飲み方などについてご説明します。
赤色
赤色のハーブティーがあることをご存知でしょうか?ここでは、赤色のハーブティーの種類や選び方、飲み方などについてご説明します。
甘い
ハーブティーに甘い味がするものがあることをご存知でしょうか?ここでは甘いハーブティーの種類や選び方、飲み方などについてご説明します。
酸味
ハーブティーに酸味が強いものがあることをご存知でしょうか?ここでは酸味の強いハーブティーの種類や選び方、飲み方などについてご説明します。