ハーブティーのおいしい入れ方

ハーブティーとはどんな飲み物?

あなたは、ハーブティーのおいしい入れ方をご存知でしょうか?

 

ハーブティーには、大きく分けて「フレッシュハーブ」と「ドライハーブ」があり
それぞれの入れ方やコツが異なります。

 

また、お手軽に済ませたい場合は、ティーバックという方法もあります。

 

ここでは、そんなハーブティーのおいしい入れ方をご説明します。

ハーブティーのおいしい入れ方記事一覧

ハーブティーのおいしい入れ方(フレッシュハーブ)

これからハーブティーを始められる方は、ハーブティーのおいしい入れ方について、悩まれるかも知れませんね。ハーブティーには、大きく分けて「フレッシュハーブ」と「ドライハーブ」の2種類があります。さらに、いつでもどこでも気軽に楽しめる「ティーバッグタイプ」も販売されています。フレッシュハーブドライハーブテ...

≫続きを読む

 

ハーブティーのおいしい入れ方(ドライハーブ、ティーバック)

ドライハーブとは、フレッシュハーブの反対で、フレッシュハーブをしっかり乾燥させて、紅茶や日本茶のように「茶葉」にしたものです。ドライハーブは水色(すいしょく)が濃く、ハーブの香りが豊かに薫るのが特徴です。フレッシュハーブのような青臭さがないので、初めてハーブティーを飲む方は、ドライハーブで入れると飲...

≫続きを読む

 

水出しハーブティーの入れ方とコツ

あなたは、水出しハーブティーの入れ方をご存知ですか?ハーブティーと言えば、温かい飲み物というイメージが強いかも知れません。あまり水出しで飲むイメージが湧かないという方もいらっしゃるでしょう。ところが、アイスハーブティーもなかなかな美味しさなんですよ。特に、暑さが厳しい夏の季節は、グビグビ飲める冷たい...

≫続きを読む

 

ハーブティーの茶器

ハーブティーをおいしく入れるために必要な茶器といえば、ティーポットやティーカップなどが挙げられますね。また、外出先でも入れたてのハーブティーを飲みたい方は、タンブラー等が必要です。余談ですが、ハーブティーのために栽培した生ハーブが余って、料理に使いたいなら、ハーブ・ミルもあると良いでしょう。ここでは...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク