ハーブティーの種類

ハーブティーの種類について

ハーブティーには、実に様々な種類があります。

 

たとえば、ペパーミントはス〜ッとする香りと胃腸が弱っている時に、また、
ジャーマンカモミールは、お腹を壊した時などなど・・・

 

ハーブティーには、そんな効果・効能、それぞれのハーブが持つ味や
香りにも特徴があるのです。

 

ここでは、そんな様々な種類のハーブティーについてご説明します。

ハーブティーの種類記事一覧

カモミールというハーブティーの種類について

カモミールは、日本では加密列(かみれつ)という名で親しまれています。飲みやすいカモミールは、初めてハーブティーを愉しむ方でも、とても親しみやすい味わいです。カモミールという名は、ギリシャ語で「大地のリンゴ」という意味を表しています。別名「マザーリーフ」と呼ばれています。カモミールは、世界最古の文化発...

≫続きを読む

 

クローブというハーブティーの種類について

あなたは、クローブをハーブティーで召し上がったことはありますか?クローブと言えば、スパイシーな香りを持つ香草です。なので、肉や魚の臭み消しやスイーツのアクセントとして使用されますよね。きっと、あまりハーブティーの印象がないと思います。クローブという名前の由来はフランス語の「Clou」に由来しています...

≫続きを読む

 

トゥルシーというハーブティーの種類について

ハーブティーの王様と称される「トゥルシー」をご存知でしょうか?トゥルシーとは、インドの伝統医学アーユルヴェーダで「不老不死の霊薬」と呼ばれています。優れた薬効を持つハーブとして、古くから人々の心と身体を癒してきた薬草です。トゥルシーは別名「ホーリーバジル」と呼ばれていて、万能ハーブとして活用されるバ...

≫続きを読む

 

ステビアというハーブティーの種類について

ハーブティーの一種「ステビア」は、日本でもダイエット甘味料として使用されているハーブです。よく人口甘味料と勘違いされますが、れっきとした天然の甘味料です。ステビアは、世界に135種類以上存在し、最も甘みの強いものは砂糖の200〜300倍になると言われます。甘みの強いステビアですが、カロリーは0kca...

≫続きを読む

 

セージというハーブティーの種類について

セージティーは、レッドクローバーやプエラリア・ミリフィカなどと同じく、女性ホルモンのバランスを整え、活発にする働きがあると言われています。また、バストアップに効果があると言われています。セージは、ハーブティーよりもソーセージの材料や肉料理の臭み消しとしての方が有名ですね。ところが、実際は私たちの心身...

≫続きを読む

 

タイムというハーブティーの種類について

ハーブティーとして愛飲されているタイムは、5月頃に花を咲かせ、ピリッとした刺激的で、清々しい香りに魅了されてしまう薬草です。タイムは、数あるハーブの中でもトップクラスの抗菌効果と、抗ウイルス作用を持つと言われています。ちなみに、冷蔵庫がない時代には、いろいろな食べ物や飲み物にタイムを加え、保存効果を...

≫続きを読む

 

チェストツリーというハーブティーの種類について

チェストツリーというハーブティーの名前を「耳にしたことがある」という方は、いらっしゃいますか?チェストツリーとは、近年女性たちの間で注目を集めているハーブティーの一つです。ただ、タイムやミントのようにメジャーではないため、聞いたことがない方もたくさんいらっしゃるでしょう。今回は、そんな話題のハーブテ...

≫続きを読む

 

エキナセアというハーブティーの種類について

エキナセアというハーブティーをご存知ですか?エキナセアは、北米原産の植物で、古くから北アメリカの先住民たちの間で、薬として使用されてきました。そのため、エキナセアは別名「インディアンのハーブ」と呼ばれており、現在でも民間療法として用いられています。エキナセアには、現在9種類の品種が確認されています。...

≫続きを読む

 

エルダーフラワーというハーブティーの種類について

エルダーフラワーは、近年女性たちの間で話題となっているハーブティーの一つです。欧州原産のエルダーフラワーは、北アフリカや西アジアなど、広範囲で栽培が行われています。日本では、「セイヨウニワトコ」という愛称で親しまれています。原産国であるヨーロッパ地方では、とても馴染み深いハーブであり、様々な伝説や逸...

≫続きを読む

 

ネトルというハーブティーの種類について

ネトルは、今、日本で最も注目を集めているハーブティーの一つです。その理由は、きっと花粉症にあると言えるでしょう。日本では、毎年TV等で2月下旬からのスギ花粉の飛散予報が行われますよね。今や、花粉症は国民病の1つ。4人に1人は花粉症を発症していると言われています。花粉症になると、くしゃみ・鼻水・鼻づま...

≫続きを読む

 

ハイビスカスというハーブティーの種類について

ハイビスカスは、女性から絶大な人気を誇るハーブティーの1つです。ちなみに、ハイビスカスは、かの絶世の美女クレオパトラも愛した、と伝えられています。ハイビスカスの花は、日本なら沖縄、海外ではハワイやグアムなど南国をイメージさせる花です。多くは観賞用のため、ハーブティーや料理などに使われる食用品種は、ロ...

≫続きを読む

 

ヒースというハーブティーの種類について

ハーブティーの1つ「ヒース」とは、どんな効果や効能があるお茶なのかをご存知ですか?ヒースは北西ヨーロッパ原産の植物で、ツツジ科のカルーナ属とエリカ属に属している低木植物の総称です。現在、ヒースには600種を超える品種があると言われ、そのほとんどが、欧州やアフリカに分布しています。ヒースは、美容にとて...

≫続きを読む

 

フェンネルというハーブティーの種類について

フェンネルは、日本では「茴香(ういきょう)」や「イーチョーバ」と呼ばれ、ハーブティーや料理の材料として用いられています。フェンネルは、古代エジプトでカミガヤツリという草の茎から製された紙「パピルス」に優れた薬効が記されていて、古くから大勢の人々の健康と美容を支えてきたことがうかがえます。実は、フェン...

≫続きを読む

 

ヘザーというハーブティーの種類について

ハーブティーの種類で、「ヘザー」という名前を見かけたことがある方もいらっしゃるかと思います。実は、このヘザーというハーブは「ヒース」とも呼ばれていて、ツツジ科の常緑低木です。原産地はヨーロッパ北西部から西アジアにかけて分布していて、ヘザーのような低木が生え茂る地帯を「ヒース」と呼びます。ヘザーは英語...

≫続きを読む

 

ホップというハーブティーの種類について

ホップといえば、ハーブティーよりもビールのイメージが強いですね。実をいうとホップは、とても優れた薬効を持っており、ハーブティーとしても世界各国で愛飲されています。ホップは、寒冷な気候を好むクワ科の多年草で、日本でも北海道や東北地方を中心に栽培が行われています。ちなみに、ホップは銀杏と同じく雌雄異株(...

≫続きを読む

 

マロウというハーブティーの種類について

マロウは、世界一美しい水色(すいしょく)を持つと言われるハーブティーです。マロウとは、アオイ科ゼニアオイ属に属する多年草で、日本では「薄紅葵(ウスベニアオイ)」という名で親しまれています。ハーブティーのお店では、ドライハーブにしてブルーマロウや、マロウブルーという名で販売されています。マロウは、名前...

≫続きを読む

 

マリーゴールドというハーブティーの種類

あなたはマリーゴールドのハーブティーを飲んだことがありますか?マリーゴールドは毎年4月〜12月にかけて咲くキク科の植物です。栽培が簡単で花姿がボリューミーで見栄えが良いので、よく公園や学校の花壇などに植えられていますね。マリーゴールドはハーブの1種です。しかし、私たちが普段見かけるマリーゴールドは園...

≫続きを読む

 

マルベリーというハーブティーの種類

ハーブティー専門店で見かけるマルベリーですが、実は日本でも馴染み深いお茶だということをご存知ですか?マルベリーは、日本では「桑の葉茶」という名前で親しまれています。古くから健康茶として、老若男女問わず大勢の人々の間で飲まれて来たのです。桑の葉といえば、富岡製糸場を頭に思い浮かべる方も多いと思います。...

≫続きを読む

 

ミントというハーブティーの種類

夏になると飲みたくなるハーブティーといえば「ミント」ですよね。その爽快感溢れるスーッとした香りは、ハーブティーだけではなく、料理やスイーツ、歯磨き粉に消臭剤など様々な分野で大活躍しています。ミントは、20種〜40種の原種が存在します。とても変種が誕生しやすい植物ですので、現在では、3,500品種を越...

≫続きを読む

 

レモンバームというハーブティーの種類

レモン三銃士という言葉をご存知ですか?これは「レモン」という名前の付くハーブティーとして有名なレモンバーム、レモングラス、レモンバーベナの総称です。また、レモンマートルを加えて「レモン四銃士」と呼ぶこともあります。レモンバームは、地中海東部地方原産の植物です。現在は、南ヨーロッパを中心に全世界で栽培...

≫続きを読む

 

レモングラスというハーブティーの種類

レモングラスというハーブティーをご存知ですか?レモングラスは、レモンバームやレモンマートルととても近い香りがするため、これら3つのハーブを「レモン三銃士」と呼んで、ハーブティー通の方々の間で親しまれています。「レモン」という名前が付いているので、ローズヒップやハイビスカスのような酸味の利いたハーブテ...

≫続きを読む

 

モリンガというハーブティーの種類

モリンガは、よく見かけるラベンダーやカモミールのように、大勢の方々が知っているメジャーなハーブではありません。マイナーでじわじわと人気を集めるハーブと言えるでしょう。モリンガとは、北インド原産のワサビノキ科の植物で、熱帯・亜熱帯地域で栽培が行われている樹木です。近年、モリンガは海外セレブや健康志向の...

≫続きを読む

 

ラベンダーというハーブティーの種類

「ハーブの女王」と称されるラベンダーはハーブティーとしても絶大な人気を誇る薬草の1つです。以前、羽に傷を負った天使とアロマセラピストの女性が恋に落ちるという、ファンタジックな恋愛映画が公開されました。この映画のタイトルが「ラベンダー」と言い、登場する美しいラベンダー畑が話題となりました。ラベンダーと...

≫続きを読む

 

ユーカリというハーブティーの種類

ハーブティーのお店へ足を運ぶと、ラベンダーやレモンバームとならんで、「ユーカリ」の茶葉が陳列されているのを見かけたことはありませんか?ユーカリは、フトモモ科ユーカリノキ属に属する植物です。オーストラリアの森林のおよそ80%を占めている、ご存じ「コアラの大好物」の常緑高木です。現在ユーカリには、500...

≫続きを読む

 

ヤロウというハーブティーの種類

ヤロウというハーブティーをご存知ですか?ヤロウという言葉だけを聞くと、薬を入れて持ち歩くためのケース「薬籠」や、夜の時間をはかる水時計「夜漏」を思い浮かべる方もいるでしょう。ヤロウとは、ヨーロッパから西アジアを原産とするキク科の植物です。現在では、温暖な気候の地ならば国を選ばず、道端や畑などに自生し...

≫続きを読む

 

ラズベリーリーフというハーブティーの種類

ヨーロッパでは妊婦さんのためにラズベリーリーフのハーブティーを贈るそうです。ラズベリーリーフとは、バラ科のキイチゴ属に属している植物で、古くから「安産のためのハーブティー」として親しまれてきました。ラズベリーリーフの木は、5〜6月頃に可憐な白い花を咲かせ、その花のあとに真っ赤な果実がなります。この果...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク